AGAの進行を止める薬 | AGAを正しく理解し、より良い治療を目指しましょう。 menu

AGAの進行を止める薬

ハートの入れ物に入っている白い錠剤

フィナステリドは少し前にアメリカで開発された薬です。
AGA治療薬と言えばフィナステリド、という程にフィナステリドはAGA治療に貢献してきた薬です。しかし、実際にはフィナステリドはAGA治療のために開発された薬では無かったのです。

フィナステリドは元来は、前立腺の病気に関する治療薬として開発されたものです。
医薬品を開発する上で欠かすことのできない臨床試験中には前立腺の病気に関する明確ば効果が発見されなかったために、その開発は中止されると思われました。
しかし、患者の中に数名「異常発毛」を訴える患者が出たために、本来の目的とは違う分野で活躍するために開発されました。

睾丸は我々の体中で働くための男性ホルモンが作られます。
前立腺の病気というのは大抵がホルモン異常によるものです。
その中でフィナステリドはホルモン異常を抑えるのではなく、強力な男性ホルモンを作らせないために活躍するのです。
5aリアクターゼの働きを抑えて、ジヒドロテストステロンの生成を止めてしまいます。
そうすることで、AGAの進行を止めてしまいます。
このフィナステリドが無ければ、我々はずっとAGAの進行に気を使いながら髪の毛をセットしなければ行けないところです。
しかし、フィナステリドが可能なのはあくまでそこまでです。
そこから先の、再生の分野はミノキシジルの得意分野となります。